鼻整形 鼻を高くする隆鼻術と形を整える鼻尖形成術

鼻は顔の中心にあり、顔全体に与える印象が大きいので、鼻の整形は、二重まぶたにする美容整形の次に人気な整形の場所です。
また、日本人は鼻が低く、横に小鼻が広がっている人が多く、スーっと鼻筋の通った形にするケースが多いのです。

以前は、人工軟骨を入れる方法しかなかったのですが、最近ではヒアルロン酸を注入するプチ整形(鼻の場合はプチ隆鼻とも言います)なども出てきて、鼻の整形が一般化されています。

「鼻が低い、鼻筋を通したい」というコンプレックスを解消する鼻整形には、いくつかの方法があります。

鼻整形 鼻を高くする隆鼻術の種類

隆鼻術(読み:リュウビジュツ)とは、美容のため、低い鼻や形の悪い鼻を高くしたり形を整えたりする美容整形手術のことです。

隆鼻術 プロテーゼ法

隆鼻術のプロテーゼ法とは、シリコン製のプロテーゼ(人工軟骨)を鼻に挿入する事で、自然な感触で鼻を高くする方法です。

プロテーゼの型にはL字型とI字型があり、L字型は鼻先から鼻柱まで続き、鼻全体の高さ調節ができます。

I字型は鼻根から鼻先の手前までを調節でき、それぞれ希望により選択します。
一人ひとりに合わせて作られたプロテーゼを、鼻孔の内側を切開して挿入して傷を縫い合せ、15~30分の手術時間で終了します。そして約1週間後に抜糸します。

また、挿入したプロテーゼは取り出し可能で、いつでも元の状態に戻せます。

隆鼻術 軟骨法

隆鼻術の軟骨法とは、自分の耳の軟骨を鼻に挿入して鼻を高くする方法です。

人工軟骨などの異物を挿入することに抵抗のある人に適した方法ですが、自分の耳の軟骨は量的に限界があるため、高さが望めず修正も難しいデメリットがあります。

手術方法は耳裏を切開し必要な軟骨を切り取り、切り取った軟骨を整形して、プロテーゼ法と同様、鼻孔の内側から挿入します。手術時間は約1~2時間です。

隆鼻術 ヒアルロン酸注入法

隆鼻術のヒアルロン酸注入法は、ヒアルロン酸を鼻筋に注入するだけの、たった5分程の手術で理想的な鼻筋になるという美容整形です。

ヒアルロン酸は元々体内にある自然成分ですので、1年~1年半位で体内に吸収されてしまい、永久的に維持できるものではありません。

元に戻ってしまうデメリットはありますが、追加注入するなどの修正もできるメリットもあります。

お手軽感の高い方法であることから、この隆鼻術ヒアルロン酸注入法はプチ整形、プチ隆鼻とも呼ばれています。

鼻整形 鼻先の形を整形する鼻尖形成術

鼻尖形成術とは、鼻先の形を整形する美容整形の方法です。鼻尖(読み:ビセン)とは鼻の先端部、鼻先のことです。
鼻先の微妙な大きさや向きによって大幅に顔の印象が変わってしまうので、鼻先の形を整形する鼻尖形成の手術をする事により、洗練された印象の顔立ちになります。

鼻尖縮小

両側に大きく横に広がった小鼻、つまりダンゴ鼻を小さくする手術です。
鼻孔の内側を切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除き、鼻翼軟骨を小さくして、左右に離れている両鼻翼軟骨を糸で中央に寄せる手術です。
鼻の内側を切開するので、傷口は外からは見えません。

鼻尖部延長

ショートノイズ(短鼻)と言われる、いわゆる上に向いた鼻の鼻尖に、耳の軟骨を移植して鼻先を下方向に延長する手術です。
耳介軟骨自体は通常1mm弱しか厚みがないため、短さの程度により通常2~4枚重ねて移植します。

鼻尖挙上

欧米人の様な鼻尖が少し上に向いている魅惑的な鼻にしたい場合には、鼻尖縮小に準じた左右の鼻翼軟骨の縫合と、内部脚切除をすることも可能です。

鼻翼縮小術

「小鼻が大きく、横幅が広い」など両側に広がった小鼻を改善し、小さく整った鼻に仕上げる手術です。
手術方法は小鼻の両側の付け根部分を切開し、両サイドのバランスを見ながら縫い縮めていくもので、手術はおよそ20~30分程度で終了します。そして約1週間後に抜糸が行われます。

鷲鼻形成術

鷲鼻、段鼻、太い鼻、曲がった鼻などを美しい鼻筋にする手術です。
鼻骨と軟骨の接合部分が発達した若い女性を中心に、需要が増えている美容整形手術です。
軽症の場合は、鼻骨軟骨部分を削ることによって簡単に改善出来ますし、重症の場合は2つ以上の鼻尖形成術を用いて改善します。