豊胸用バッグ 人工乳腺の種類について

安全性が高い豊胸用バッグ 人工乳腺の種類

生理食塩水バッグ

生理食塩水とは、人間の血液と同じ浸透圧に調整された0.9%の代用血液のことです。医療用として広く使われ、点滴や麻酔液を薄めたりするのに使われます。

生理食塩水バッグの内容物は完全無殺菌処理した生理食塩水ですから、万が一バッグが破損し漏れ出すことがあっても、速やかに体内に吸収され尿として排出されるので、極めて安全です。

柔らかさでは、シリコンジェル系のバッグと比べるとやや硬めな感触となり、シリコンジェル系のバッグほど自然な乳房を形成出来ない上、感触もあまりよくないのがデメリットです。
そのため、皮下脂肪が薄く、乳腺の厚みが薄い方に使用すると、皮膚表面に波状の凹凸(rippling)が出ることがあります。

また、生理食塩水バッグを挿入する豊胸手術バッグ挿入法では、通常、生理食塩水が入っていない空の豊胸用バッグのみを先にバストへ挿入して、後から生理食塩水を入れるため、注入用のバルブが付いており、そのバルブからの水漏れ(deflation)が時々起こることがあります。
バッグ自体の寿命が他のバッグと比較すると短く、10~15年という報告もあります。

シリコンジェルバッグ

シリコンとはケイ素と酸素の共有結合を基本とする有機ケイ素樹脂のことです。

シリコンバッグは、1990年代に乳癌や自己免疫疾患の原因になるのではないかということが指摘され、FDA(米国食品医薬品局)が一時シリコンバッグ使用中止要請を出しましたが、現在ではシリコンと乳癌・自己免疫疾患との因果関係は否定され、日本のみならず全世界で、再びシリコンジェルが内容物の豊胸用バッグが使用されています。

シリコンを内容物としたバッグには2種類あります。旧来よりあるシリコンの流動性が高い液状タイプと、近年開発されたシリコンが流動しないコヒーシブタイプです。

コヒーシブタイプは内容物のシリコンの凝集率を高くして、万が一外皮が破れても体内に流出しないのが特長です。
その為、液状シリコンよりはやや感触が劣りますが、安全性は高いです。

シリコンジェルの豊胸用バッグは、その他の内容物の豊胸用バッグと比較した場合、感触も良く、もともとバストのボリュームが少ない人にも、違和感なく自然に見えると言われています。
世界的に最もポピュラーな豊胸用バッグといえば、シリコンジェルバッグなのです。

コヒーシブシリコンバッグ

コヒーシブとは、結合力がある、硬い、固着性という意味です。
コヒーシブシリコンバッグは、旧来よりある流動性が高い液状タイプのシリコンバッグよりも、質感が硬いものを指します。

外膜が万が一破れても、シリコンの結合性が高く原型を保つので、シリコンが流れ出なく安全性が高いといわれています。
外膜が破れた場合の内容物の漏れ対策を考えて開発されたコヒーシブシリコンバッグは、安全性の高い豊胸用バッグで、流れ出ないゲル(グミ状)にした分やや硬さがありますが、生理食塩水バッグよりずっと柔らかいものです。

ソフトコヒーシブというタイプもありますが、こちらは質感が普通のコヒーシブに比べて優れているので世界的に人気が高いといわれています。

ハイドロジェルバッグ

豊胸用バッグのハイドロジェルとは、生理食塩水に高分子ポリマーを加えてジェル状にしたものです。
高分子ポリマーの種類により、ポリビニルピロリドン(PVP)製、ポリサッカライド製、カルポキシメチルセルロース(CMC)製など何種類かに分類されています。
柔軟性に優れ、安全性も高いと言われており、日本では人気の豊胸用バッグの一つです。

高分子ポリマーとは、私達の身の回りにある物質は「分子」と言う小さな粒で構成されています。この分子は性質や大きさの違うさまざまなものがあります。この分子の質量の大きな種類(分子量が数千から数百万)を「高分子(ポリマー)」と呼んでいます。
例えば、綿の主成分であるセルロースや肉のたんぱく質も高分子です。ハイドロジェルは、この高分子ポリマーの種類によって分類されます。

耐久性が高い豊胸用バッグ 人工乳腺の種類

CMCジェルバッグ

CMCジェルバッグ(アリオン社)は、シリコン製の外膜でできたバッグの中に「カルボキシ・メチル・セルロース」のジェルが入ったもので、頭文字をとって、CMCジェルと呼んでいます。

バッグは継ぎ目のない特殊な製法でつくられているため、抜群の耐久性を誇ります。
また、中身の「カルボキシ・メチル・セルロース」は、医薬品や食品の原料としても用いられている天然の物質ですので人体に無害です。

質感は人間の乳腺組織に極めて近く、仕上がりは自然です。ただし美容外科クリニックによっては安全性を問う声もあり、美容整形外科によってCMCジェルバッグを使用しないところもあります。

エリートジェルバッグ

エリートジェルバッグはアメリカのメンター社(MENTOR社)の製品です。
超機密4層構造で、従来のバッグに比べ耐久性に優れており、拘縮や硬化の原因となるジェルの漏れを防ぐ構造となっています。

人間の乳腺に極めて近い自然な弾力性を備え、体の動きに合わせて自然なバストラインを生み出します。中身はコヒーシブシリコンジェルが使われています。

アメリカのメンター社(MENTOR社)のバッグは「一生涯交換制度」により、バッグが小さくなったり、形が変わったりした場合の交換を保証しています。

バイオセルバッグ

バイオセルバッグは、形成外科の胸部形成分野において高い技術力を有するアイルランドのマクガン社で開発された製品で、アメリカ食品医薬品局(FDA)許可申請を取得したバッグです。

バリアコートとよばれるバッグを3層構造にする特許により、従来の豊胸バッグに比べてシリコンが漏れるのを防止し、破れにくい構造になっています。
さらに、表面は組織適合性に優れたテクスチャード加工により、皮膜拘縮も予防します。

クリスタルバッグ

クリスタルバッグは、仏ユーロシリコン社が開発した、特種製法による継ぎ目のないシリコン製のバッグです。
安全性の徹底研究の結果、ニューシル・シリコン・テクノロジー社製「液状高分子シリコン」に、9層にも及ぶ被膜精製とバリアーコートにより、従来のバッグに比べて抜群の耐久性が特徴です。
また、新技術によるシリコンはその柔軟特性により、感触はもとより外観の仕上がりも良好です。