豊胸手術バッグ挿入法(人工乳腺法)について

豊胸手術の代名詞的な方法、バッグ挿入法は1960年代から行われており、人工乳腺法とも呼ばれています。
美容整形として豊胸手術が行われて以来、バッグ挿入法は他の豊胸手術の方法よりも早くから行われてきた方法で、現在までバッグ挿入法で数多くの手術が行われています。
豊胸手術において、このバッグ挿入法は、症例数でも一番多いのです。

豊胸手術バッグ挿入法とは、 バストを大きくする為に、 胸部に自分に適したサイズの人工的に作られた豊胸用のバッグ(人工乳腺)を挿入してサイズアップ・ボリュームアップする方法です。

胸部に人工乳腺バッグを挿入するわけですから、本格的な手術になりますし手術後の痛みも伴うのですが、豊胸手術の中では今も尚、最も一般的な方法です。

豊胸用のバッグは、人工乳腺バッグ、豊胸用インプラント、豊胸用プロテーゼなど様々な呼び方をされています。
以前はバッグが破損した場合の安全性が問われた時期もあったのですが、現在では研究が重ねられ、安全性だけでなく耐久性やナチュラル性に優れた豊胸用バッグが開発されています。

豊胸手術バッグ挿入法の特徴

バッグ挿入法は、一般的には1回の手術で、1.5カップ以上のサイズアップを希望される方にお薦めです。
バッグの大きさは細かい単位でサイズを指定できるので、物理的に大きなバッグを挿入すれば、その分サイズアップでき、自分の思い通りの大きさにすることも可能です。
ふくよかなバストを半永久的に維持したい方に最適な方法です。

豊胸用バッグを入れる場所によっても希望のバストメイクが可能で、例えば授乳などで垂れ下がったバストの形を矯正するのにも効果的です。
そのため、育児が一段落した30歳代後半から40歳代の女性が豊胸手術を受ける場合、バッグ挿入法を選択することが多くなっています。

日本で豊胸手術を受ける女性は40歳代が一番多いのですが、乳癌の手術を受ける女性が一番多いのもこの年代で、事故で乳房を損傷したり、乳癌の手術で乳房を切除した方の乳房再建手術もバッグ挿入法で行うことが多く、豊胸手術の中では今も尚、最も症例数が多い一般的な方法と言えます。

豊胸用バッグの挿入場所

豊胸手術バッグ挿入法では、手術後の傷跡が目立たないように脇の下を少し切開して、そこから豊胸用バッグを挿入します。
欧米ではヘソから豊胸用バッグを挿入したり、バストのふくらみの下からということもあるようですが、日本での豊胸手術ではワキの下から豊胸用バッグを挿入するのが一般的のようです。
豊胸用バッグを挿入する場所は、乳腺下にバッグを挿入する「乳腺下法」と、乳腺の下にある大胸筋の下にバッグを挿入する「大胸筋下法」、それらの改良型「大胸筋膜下法」の三カ所から選択できます。

乳腺下法

乳腺と大胸筋の間に豊胸用バッグを挿入する方法です。
体の表面に近い部分に豊胸用バッグを挿入するので、痩せていると豊胸用バッグの輪郭が浮き出やすく、元々ある程度バストのある人や、授乳後少し垂れてしまった感じのある人におすすめの方法です。手術後の痛みや、出血のリスクは少ないです。 もともと乳腺、脂肪組織がある人の方法で、それらが露骨なバッグ感をカバーしてくれるため、自然なバストアップが可能です。授乳後小さくなった人や、下垂気味の人のリフトアップに最適です。大胸筋下法よりも痛みが少ないと言われています。

大胸筋下法

皮膚の下ではなく、胸の筋肉の下(大胸筋と小胸筋との間)に豊胸バッグを挿入する方法です。
大胸筋の下に豊胸用バッグを入れる事で筋肉が不自然なバッグ感をカバーしてくれ、豊胸用バッグの形が目立ちにくくなります。
乳腺や脂肪組織が少なく、痩せていてもバストのボリュームをアップしたい人におすすめの方法です。

大胸筋と小胸筋を剥離する時、境目を正確に見極める事が肝心で、それが術後経過の最終的な仕上がりに大きな差が出てきます。
乳腺下法よりも手術後の痛みはあると言われていますが、仕上がりが自然でナチュラルです。

大胸筋膜下法

大胸筋膜下法とは、従来の乳腺下法と大胸筋下法を改良した方法で、乳腺の下で大胸筋の上にある「大胸筋前方筋膜」の下に豊胸用バッグ(人工乳腺)を挿入します。

体の表面から見ると、乳腺→大胸筋前方筋膜→豊胸用バッグ→大胸筋の順になります。
乳腺と豊胸用バッグの間に大胸筋の前方筋膜があるので、痩せていて皮下脂肪が薄くても豊胸用バッグの輪郭が浮き出にくく、大胸筋下法より大胸筋への負担が少ないので手術中の出血も少なく、ダウンタイムが短いメリットがあります。

豊胸用バッグが乳腺に触れないため、感染症対策にもなります。豊胸用バッグを包み込んでいる大胸筋前方筋膜が、重力により必要以上に下がろうとするのを支える役割も果たすので、乳腺下法に比べ、長期的に挿入が安定するメリットもあります。

豊胸用バッグの種類

医療の現場では技術が飛躍的に進歩しています。美容外科そして豊胸手術でも例外ではありません。

豊胸用のバッグを製造している会社の多くは、豊胸手術が昔から多く行われてきた欧米にあります。
数多くの豊胸用バッグが出回っている現状ですが、豊胸用バッグの中身は、生理食塩水、シリコンジェル、コヒーシブシリコン、ハイドロジェル、CMCジェル、エリートジェル、バイオセル、クリスタルなどです。

豊胸用バッグの形状と表面の種類

豊胸用バッグの形状は、主にラウンド型とアナトミカル型があります。

丸い形のラウンド型の豊胸用バッグは、横になって寝ても自然な形で日本人の体型に適していると言われています。
豊胸手術後のマッサージを怠ったりすると、ハト胸になる可能性があるのがデメリットです。

下広がりの楕円形で涙のような形をしたアナトミカル型は、バストの下方にボリュームがでるので、もともとバストがある人には自然に見える豊胸用バッグです。

豊胸用バッグの表面の種類は、スムースタイプとテクスチャードタイプがあります。

豊胸用バッグの表面がツルツルしているスムースタイプは、体質によっては豊胸手術後にマッサージを怠ると、被膜拘縮が起こりやすいデメリットがあります。
豊胸用バッグの表面がザラザラしたテクスチャードタイプは、スムースタイプよりは若干硬く動きも劣るのですが、被膜拘縮が起こりにくいメリットがあります。

豊胸手術バッグ挿入法のメリットとデメリット

豊胸手術バッグ挿入法のメリットは、何と言っても必ずバストのサイズアップ・ボリュームアップができることです。
谷間が見える美しいバストは女性として前向きになり自信が湧いてきますね。
豊胸用バッグ(人工乳腺バッグ・豊胸用プロテーゼ)も研究が重ねられ、耐久性にも優れ、見た目も自然で美しく見えるように改良されています。

豊胸手術バッグ挿入法のデメリットは、豊胸バッグを入れたことによる異物反応(皮膜拘縮)が起こる可能性や、豊胸バッグが破損したり液漏れしたりという可能性も否めないことです。

豊胸手術バッグ挿入法は、豊胸用バッグを体に入れなくてはいけません。自分の体に異物を入れることに抵抗がある人もいます。
そんな人には自分の脂肪を吸引して注入する脂肪注入法などもおすすめです。グラマラスな体になれるからといっても豊胸手術もれっきとした手術。体にメスをいれなくてはいけません。
「手術はイヤ」そんな人にはヒアルロン酸注入法など、切らない豊胸方法がおすすめです。